グラスウール製品を安全にお使いいただくために グラスウールの施工・取り扱い時に注意していただきたい点をご説明します。

  • ご使用にあたって
  • 施工・解体時に関して
  • 防火対策に対して
  • 腐食に関して

防火対策に対して

取り扱い時の防火上注意すべき点

裸火、溶接・溶断の火花、その他の火源を近づけないでください。グラスウール製品は表面にプラスチックフィルムやアスファルトクラフト紙、アルミはくクラフト紙などの種々の表被材が貼られたり、包んだりされています。
これらの表被素材の中には燃えるものもありますので、火源を近づけないようにしてください。また、配線の漏電にもご注意ください。

天井埋込型照明器具(S形以外)の周囲にグラスウール断熱材を施工する場合の注意点

照明器具と断熱材との間に所定の距離を設けてください。
必ず(社)日本照明器具工業会の埋込形照明器具の規格(JIL5002)に適合するものを使用してください。M 形の場合には火災防止上、器具の上には断熱材を載せず、また、器具の放熱孔を塞がないようにしてください。
施工の際、照明器具の四方から100mm くらい離した位置に吹き込み厚さ2倍以上の高さでせき板(剛性のある板など)を設置してください。
トップに戻る

copyright © PARAMOUNT GLASS MFG.Co.,LTD. 2004