パラマウントニュース

省エネ性などが高い優良中古住宅に対する金利優遇制度を創設[住宅金融支援機構]

住宅金融支援機構が優良中古住宅のローン金利を優遇する「フラット35」S(中古タイプ)を1月5日から開始した。

対象となるのは「フラット35」の中古住宅基準(耐震性・耐久性など)に加えて、省エネルギー性、バリアフリー性のいずれかについて基準を満たす住宅。中古住宅取得後に基準に該当するリフォーム工事を行う場合も含む。

省エネルギー性の基準は二重サッシまたは複層ガラスを使用した住宅、または省エネルギー対策等級2相当以上の住宅。その他、①建設住宅性能評価書の交付を受けた住宅(対策等級2以上)②中古マンションらくらくフラット35のうち「フラット35S(中古タイプ)」として登録された住宅③フラット35を利用して建設された住宅も対象となる。

 

copyright © PARAMOUNT GLASS MFG.Co.,LTD. 2004