高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)

※このページは2020年5月7日時点の一般社団法人環境共創イニシアチブのホームページの情報をもとに制作しております。
詳しい情報はコチラをご確認ください。

事業趣旨

既存住宅において、省CO2関連投資によるエネルギー消費効率の改善と低炭素化を総合的に促進し、高性能建材を用いた断熱改修を支援する。また、戸建住宅においては、この断熱改修と同時に行う高性能な家庭用設備(家庭用蓄電システム・家庭用蓄熱設備)の導入・改修支援も行う。

補助対象となる申請者及び住宅等について

下記のいずれかに該当する者で、申請要件をすべて満たす場合に限り対象とする。
ただし、「様式第1交付申請書の別紙1 暴力団排除に関する誓約事項」に記載されている事項に反して行う事業に対しては、本事業の交付対象としない。また、同一人物が複数物件を申請することは認めない。

住宅区分 申請者 申請要件 改修戸数 所有区分
戸建住宅 個人の所有者又は、個人の所有予定者 申請要件A 1戸
集合住宅
(個別)
個人の所有者又は、個人の所有予定者 申請要件A 1戸 専有部
住戸の共用部
集合住宅
(全体)
管理組合等の代表者 申請要件B 全戸 住戸の共用部

申請要件申請要件A
<戸建住宅・集合住宅(個別)>

申請者自身が常時居住する住宅であること(住民票の写しに示す人物と同一であること)。
ただし、交付申請時に居住しておらず、改修後に居住予定の場合は、完了実績報告書提出時に当該住宅に居住し、住民票の写しを提出することを条件に申請を認める。
申請時に申請者自身が所有している住宅であること。法人所有の住宅及び賃貸住宅は補助対象としない。
ただし、交付申請時に所有しておらず、改修後に所有予定の場合は、完了実績報告書提出時に当該住宅を所有し、登記事項証明書の写しを提出することを条件に申請を認める。
なお、当該住宅を購入予定の場合、交付申請時に売買契約が締結されていること。
ただし、当該契約内で断熱改修工事に係る契約が含まれていた場合、事前契約とみなし補助対象外とする。
専用住宅であること(店舗等と居住部分が同一住宅の場合は、エネルギー(電気・ガス等)を分けて管理できていること。及び断熱工事においても区分されていること)。
集合住宅(個別)において、区分所有法で共用部とみなされている窓等を改修する場合は、当該集合住宅の管理規約等で、申請者が共用部の改修を行うことを認められている場合のみ申請を認める。

申請要件申請要件B
<集合住宅(全体)>

原則、当該集合住宅の全戸を改修すること。
ただし、管理組合総会等の決議がある場合、全戸改修でなくとも可とする。
専用住宅であること。店舗、事務所等との併用は不可とする。
改修する住戸は所有者自身が常時居住する住戸であること。常時居住する住民がいない住戸や、法人所有の住戸及び賃貸住宅は補助対象としない。
なお、同一人物が複数住戸を所有している場合は、常時居住する1住戸のみ補助対象とする。
対象となる改修について、当該集合住宅の管理組合総会等での承認決議を得ること。
区分所有法で共用部とみなされている窓等を改修する場合は、管理規約等で共用部であることが確認できること。
内窓・断熱材を用いて改修する場合は特に注意すること。
補助対象製品を用いた改修の意思決定が2019年12月20日以降であることが議事録等で確認できること。
ただし、改修の意思決定が2019年12月20日前であっても、補助制度の活用を前提とする改修の意思決定が行われていることが議事録等で確認できる場合は、この限りでは無い。

事業スケジュール

■戸建住宅、集合住宅(個別)の公募期間

一次公募:2020年5月11日(月)~2020年7月17日(金)17:00締切
二次公募:2020年8月17日(月)~2020年9月30日(水)(予定)

■集合住宅(全体)の公募期間

一次公募:2020年5月7日(木)~2020年5月29日(金)17時締切

※スケジュールについては必ずSII のホームページにて最新の情報をご確認ください。

補助率及び補助金の上限額

各補助対象製品に係る補助金の補助率等と上限額は下表のとおりとする。
ただし、算出された補助金の額に1,000円未満の端数が生じた場合には、これを切捨てるものとする。
家庭用蓄電システム・家庭用蓄熱設備の導入・改修に係る補助金額の合計は高性能建材の補助金額とは別途補助とするが、高性能建材を活用した改修に係る補助金額の合計以下とする。

対象製品 補助率 補助金の上限額
高性能建材
(ガラス・窓・断熱材)
補助対象費用の1/3以内 戸建住宅1戸当たり:120万円又は40万円※1
集合住宅1戸ごとに:15万円※2
家庭用蓄電システム 2万円/kWh※3又は20万円のいずれか低い金額
家庭用蓄熱設備 5万円/台

※1 戸建住宅において、窓のみを改修する場合は、40万円を適用する。

※2 集合住宅(全体)においても適用とする。例)補助対象経費を1/3にした金額が、集合住宅50戸の内、30戸が20万円、20戸が10万円の場合、30戸×15万円+20戸×10万円=650万円が補助金交付申請額となる。

※3 初期実効容量(SIIのホームページの環境省ZEHの蓄電システム登録済製品一覧を参照のこと。)を適用する。

補助対象となる弊社製品

本事業で補助対象となる製品は、以下を満たす未使用品であること。

①高性能建材(ガラス・窓・断熱材)

SIIが定める要件※1を満たし、SIIに登録されている製品※2であること。

※1 高性能建材の要件については本事業の「対象製品の公募要領」を参照のこと。

※2 補助対象製品一覧はSIIホームページに公表する。
高性能建材は断熱リノベの補助対象製品一覧を参照すること。



弊社の対象商品一覧

SII登録型番 製品名 断熱材の詳細種類 熱伝導率λ
(W/m・K)
グレード 厚み
(mm)
DPGM131GW3 FGHG グラスウール断熱材 高性能品GWHG16-38 0.038 D3  
DPGM151GW3 FGHG グラスウール断熱材 高性能品GWHG24-36 0.036 D3  
DPGM141GW3 HGS グラスウール断熱材 高性能品GWHG16-38 0.038 D3  
DPGM084GB4 サンブロードライ 吹込み用グラスウール断熱材 LFGW1352 0.052 D4 300以上
DPGM052GB3 サンブロードライ 吹込み用グラスウール断熱材 LFGW3238 0.038 D3  
DPGMC24GB3 サンブロードライ(BIBZ2RR) 吹込み用グラスウール断熱材 LFGW4036 0.036 D3 105以上
DPGM014GB4 ニューダンブロー 吹込み用グラスウール断熱材 LFGW1852 0.052 D4 140以上
DPGMC21GW3 ハウスロンZERO グラスウール断熱材 高性能品GWHG16-38 0.038 D3  
DPGMC31GW3 ハウスロンZERO(HZD) グラスウール断熱材 高性能品GWHG24-35 0.035 D3  
DPGM101GW3 ハウスロンプレミア グラスウール断熱材 高性能品GWHG16-38 0.038 D3  
DPGM074GB4 ピュアブロー 吹込み用グラスウール断熱材 LFGW1852 0.052 D4 300以上
DPGM064GB4 ピュアブロー 吹込み用グラスウール断熱材 LFGW1852 0.052 D4 210以上
DPGM041GW3 太陽SUN グラスウール断熱材 高性能品GWHG16-38 0.038 D3  
DPGM051GW3 太陽SUN グラスウール断熱材 高性能品GWHG24-36 0.036 D3  
DPGMA11GW3 太陽SUNR グラスウール断熱材 高性能品GWHG20-35 0.035 D3  
DPGMC41GW2 太陽SUNR(SRG) グラスウール断熱材 高性能品GWHG38-32 0.032 D2  
DPGM081GW3 太陽SUNボード グラスウール断熱材 高性能品GWHG32-35 0.035 D3  
DPGM071GW3 太陽SUNボード外断 グラスウール断熱材 高性能品GWHG32-35 0.035 D3  
DPGMA21GW3 内装パラダイス グラスウール断熱材 GW24-38 0.038 D3  
DPGMC11GW3 露断ピンレス グラスウール断熱材 GW32-36 0.036 D3  
DPGM111GW3 露断プレミア グラスウール断熱材 GW32-36 0.036 D3  

詳細は公募要領またはSII ホームページを参照下さい。事業に関する詳しい情報は、一般社団法人環境共創イニシアチブにお問い合わせください。

一般社団法人 環境共創イニシアチブ 断熱リノベ担当
TEL:03-5565-4860 FAX:03-5565-4861
受付時間:平日のみ 10:00~17:00
通話料がかかりますのでご注意ください。
https://sii.or.jp/moe_material02/

上へ戻る

copyright © PARAMOUNT GLASS MFG.Co.,LTD. 2004