グラスウール製品を安全にお使いいただくために グラスウールの施工・取り扱い時に注意していただきたい点をご説明します。

  • ご使用にあたって
  • 施工・解体時に関して
  • 防火対策に対して
  • 腐食に関して

施工・解体時に関して

グラスウールの残材や廃材の処分方法

廃材は袋詰めして産業廃棄物として処理してください。
グラスウールの残材や廃材は、直ちにポリ袋などに入れて密封し、粉じんが飛散しないようにしてください。作業後の現場の清掃には、粉じんが舞い上がらない真空クリーナーの使用が最適です。なお、ビル建築においては、分別回収によりリサイクルが可能です。

グラスウール製品の解体・除去作業を行うときの注意点

粉じんを飛散させないように作業してください。
解体・除去作業を行う場所からグラスウールを飛散させないために、すき間ができないように作業場をシートで囲うと共に、散水してグラスウールを十分に湿らせ、できるだけ粉じんが発生しないように作業してください。
トップに戻る

copyright © PARAMOUNT GLASS MFG.Co.,LTD. 2004